毎日杯と日経賞のレース分析

明日の重賞は毎日杯と日経賞ですね。

今年は一体どの馬が制するのでしょうか?

データ分析と傾向を出してみました。

毎日杯の分析

■レース分析
・上位人気馬が好成績
・重賞組の勝率が高い
・サンデーサイレンス系が中心

■コース分析(阪神芝1800m)
直線は470m強と長い上、中山競馬場に次ぐ勾配1.5%の急激な坂がある。
直線の坂と、残り600m地点から緩やかに下る以外は平坦。
馬の力が発揮されやすい、紛れの少ないコース。

・2枠に注目
・先行、差し馬が有利
・ディープインパクト、ダイワメジャー産駒が好成績

上記分析の該当馬
・アンビシャス
・ナヴィオン
・ソールインパクト

■調教分析
絶好調 シュヴァルグラン
最終追い切り(3/25 水)
栗東CW(良)
64.6-50.2-37.3-12.8(一杯)

最終追い切りでは、栗東CWで64秒6の好時計を記録。
内田騎手を背に軽快な脚取りで、併せた馬に楽々先着。 
出走取り消しの影響はなく、ここでも上位争いが見込める。

好調
ペガサスボス
ナヴィオン

日経賞の分析

■レース分析
・1〜3番人気が好成績
・前走G1組の好走率高い
・前走は2200〜2500m

■コース分析(中山芝2500m)
・5、6、7枠が有利
・逃げ、先行馬が有利だがマクリに警戒
・ハーツクライ、ステイゴールド産駒に注目

上記分析の該当馬
・フェノーメノ
・クリールカイザー
・ウィンバリアシオン

■調教分析
絶好調 フラガラッハ
最終追い切り(3/25 水)
栗東坂路(良)
51.6-38.2-25.1-12.8(一杯)

栗東坂路で一杯に追われて、51秒6の好時計をマーク。
力強い動きを披露し、攻め気配も上々。
前走6着以上の走りが期待出来る好仕上がり。

好調
サウンズオブアース
トーセンアルニカ

現在、競馬で成功プロジェクト参加メンバーを募集しています。
参加メンバー募集詳細はこちら

▼ランキングに参加しています▼
 にほんブログ村 競馬ブログへ 

コメントを残す

このページの先頭へ